img01 img02

子供の頃から変わらない。今日も持ち歩きたいものをバッグに詰め込んで家を出た。

定番のバッグシリーズにデニムトートバッグが加わった。
ジャパンデニム発祥の地、岡山・児島でつくったデニムが良い雰囲気だ。

12.5ozのセルビッチデニムは打ち込み本数をあえて少なくすることでローテンションに織っている。
また生地の整理加工もしていないため、表面に凹凸がしっかり出来た。
縫製後、製品洗いの工程を経てねじれが生まれたり、点アタリができることで
TRUCKの家具と同じく、個体差のある表情豊かなデニムとなった。

裏地は表地として十分使える厚手の9号帆布。
TRUCKと関わりのある機屋さんが織ったヘビーユーズに耐え得る丈夫な帆布だ。
糸をつくるところから布になるまで、職人の一貫した丁寧な過程があるから製品となったとき
そのあたたかい体温がのっかるのだろう。

革のベルトはTRUCKの家具に使用している牛革( L-11/ブラック)を使っている。
幅広く厚みも残したベルトは、肩にかけた時、心地よく馴染む。
内側の角を落として優しく仕上げているから、使いはじめたその日から持ちやすい。

このバッグも家具と一緒で奇はてらっていない。
持ち歩きたいものを満足に入れることが出来るように少しだけ大きなサイズ感になっている。
経年変化により素材の雰囲気が増す、そんなTRUCKらしいバッグだ。

TRUCK 井上 晃佑 

img03

 実用的な3つの機能を兼ね備えている。

・収納量に応じてバッグサイズを調整する"サイドボタン"
・オープンとファスナー付の"内ポケット"
・内側に鍵やペンをひっかけるために便利な"ループ"

img08 img09